使用 ・ 設置 ・ 特徴

【自転車止め:使用注意】

・スタンダード自転車(俗に言うママチャリ)を基準に設計しております。

・タイヤの太いビーチクルーザーやマウンテンバイク、細いタイヤの自転車にも対応できます。

※タイヤ幅5cmまでご使用頂けます。念のためご確認ください。

・スタンドを立てなくても自転車を停めることができます。

スタンドを立てずにご使用の場合は、スポークがコンクリートに接した状態で支えます。

・裏側(地面設置面)は手仕上げの為、地面に置いた際に多少のグラツキが

生じる場合がございます。使用上は差し支えございません。

・大型車通行など揺れの多い場所でも倒れません。

・強風の際には、固定していない場合に限り、風向き・設置場所の不安定さによって

自転車が転倒する場合がございます。

 

 

【自転車止め:設置】

・置くだけで簡単にお使い頂けます。

・所定の位置に固定したい場合には、

・コンクリート用ボンドを自転車止め裏側と設置面に塗布し固定する方法と、

・自転車止め裏側の穴と地面にあらかじめ開けた穴とをアンカーピンで繋ぎ、

隙間をコンクリートボンドで穴埋めする方法がございます。

※アンカーピンはご用意致します。(1台分2本250円)

※コンクリートボンドはお客様でご用意頂くかご相談ください。

 

 

【コンクリート製品:特徴】

・落とす、叩くなどの強い衝撃を与えると ひび割れ・欠けを生じます。

・コンクリートの性質上、製品ひとつひとつの色・肌質・空気穴の大小・空気穴の数に

若干の違いがございます。あらかじめご了承ください。

 

This site is powered by JOOMIX.